アメリカ不動産について

アメリカ人の平均生涯引っ越しの回数は7回です!

投稿日:

アメリカ人の平均の人生での引越し回数はおよそ7回と言われています。

独身で、1ベッド、夫婦になると2ベッド、子供がひとりできて、3ベッド、2人できると4ベッド、

1人が卒業したら、3ベッド、もうひとり卒業したら、2ベッド、夫婦だけになったら1ベッド、

これで合計7回という理論です。

日本の方の感覚で言うとかなり多めに感じるのではないでしょうか?

転職、将来設計、失業、物件の差し押さえ、プラスやマイナスの両方の

パターンがありますが、

アメリカ人は、常に変化を求めて引越しをします

wallet hubというサイトにて 子育てに最も適した都市、米国ランキングがWalletHub

調査レポートにより発表されました。

そこでテキサス州プレイノ市が3位を獲得しました。同レポートは米国で最も

人口の多い150の都市を対象に、

子育てや家庭に必要とされる環境を41項目審査し、ランキングしています。

項目は学校の質、病院施設の質、住宅コスト、公園など子供が遊べる施設の

有無などが重要視されています。

プレイノのプラス面は、まず治安の良さと学校教育の高さを実感できます。

学校区の財政面もしっかりと確立できているので安心です。また会社が多い

ので、住宅からの通勤がスムーズである

ということも重要なポイントのひとつだと言えます。多数の日系関連店舗

などもあり充実したジャパンライフも

楽しめることも見逃せません。

マイナス面としては街が古くスペースがないため家がどこも古くて

デザインがクラシックであり、

その割には値段が高いというところや、フリスコやマッキーニーのように十分に

公園の確保がされていないので、

レクリエーションという面でほかのエリアより劣る感は否めません。

大事なのは、町のバランス力なんです。

アメリカ不動産投資の、最大のきもは、実は物件より

大切な3つのものにあります。

1、町に成長力があるのか?

2、車で10分圏内で、よいスーパーがあるのか?
 例、トレジョ、スプラウツ、ホールフーズ

3、学校レベルは6以上あるのか?

などが挙げられます。

これを満たすと、価値の上昇が素晴らしいです。アメリカ投資を

されるみなさんもぜひ、頭にインプットしておいてください。あとでこれが

役に立ってきます。

-アメリカ不動産について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメリカの新しい時代の日本人街「プレイノ」

アメリカに出来た新しい時代の日本人街としてプレイノが日本のニュースで 取り上げられました。 日本語が通じるヘアサロン、日本の大手スーパーチェーン、本場日本人のシェフの 居酒屋、お寿司やさんなど、日本ブ …

ウォルマートの北ダラスでの拡大で生まれる競争

ウォルマートは277ミリオンドルを導入して今年中にダラスに45店舗もの お店をオープンすることを発表しました。ウォルマートと言えばどちらか というと日曜雑貨、生活用品のお店という印象ですよね、ところが …

テキサス新幹線に、強力ライバル出現、その名は?

素敵な海より、素敵な家をダラスで実現

先日DFW空港で驚いたのは、ダラスからロス出張へ行く人が急激に増えていること。 これは一体どういう現象でしょうか。 それだけダラスへカリフォルニアから移住をしていて、 そこからビジネスを継続しているの …

なぜダラスが不動産投資に熱い!?

今アメリカ不動産投資で熱いと言われているのはダラス! と言われたらあなたはどう思いますか? 「やはり!」でしょうか? それとも、「ダラスってそもそもどこだ?」でしたか? もし後者ならそのまま続きを読ん …