アメリカ不動産について

クレーンの数から見るダラス分析

投稿日:

ダラスで見かけるのは、驚くほどの工事とクレーンの数です。
これは成長率を表すと思っています。
最近とくにローカルストリート(フリーウェイ、トールロード(ETC用)
でない工事の数がひどいです。
とくにフリスコとプレイノ!

これは成長率との兼ね合いと街の成長のためと思いあきらめるしかないですね。
よって、朝の通勤の方は要注意です。

トールロードも便利ですが、結構お金がかかります。
よって、普段から逃げ道ルートを探すのが大事です。時間があるときに

いろんなルートを試すことをお勧めします。

さて、添付がそうなのですが、カテゴリー的には、下記の通りです。

1)新築住宅開発

2)オフィスビル

3)データセンター、倉庫など

4)ウォルマートなどリテール関係

この4つでエリアが把握できます。

まずは、プレイノです。

まずは左上のごちゃごちゃしてるエリア、ここがもっともクレーンの数が多いですよね、
トヨタ本社近辺です、レガシーウエストの高級ショッピングモールとか、リバティミューチュアルなど
新規企業が続々ときているエリアです。

12000人移住エリアとも言われます。

ただ真ん中がガラーンと空いてますよね、ここは、トヨタ本社からミツワまでの
距離です。
家が古いので、開発もできないし、完成されてしまってる感があります。

結果:プレイノは、トヨタ近辺だけ急激に伸びている局地型です。
住宅の金額も順調に伸びていますが、家が古いので、選択が難しいですね。

次回はまた別の市を紹介しますね。

-アメリカ不動産について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

衝撃の上昇率に、あなたも驚きます!

アメリカ不動産は過去10年単位で見ると下がったことがないほど安定しています。 5年から7年レベルだと浮き沈みはありますが、常に右肩あがりなのです。 「いつも右肩あがりなんですか?、それとも一時的ですか …

インドアを楽しむのがダラス式

テキサスは、やはり夏は暑くて、冬は寒いというイメージがありますよね。 そうです。その通りです。でも、意外と耐えられます。なぜなのか?1週間ごとに 暑い週と、涼しい週が交互にやってきます。 しかし暑いと …

住友林業はじめ日本企業続々ダラスで活躍中!

新築住宅物件で最も多く建設した地域ランキングにおいて、 ダラスが堂々1位に選ばれました。 昨年ダラスに建設された新築の住宅アパートは、28000軒にのぼりました。 ヒューストンは3位、オースティンは9 …

最大の不動産投資利益のキモはxxxにあり。

不動産投資の難しい側面をいえば、管理の難しさにあります。 なぜなら距離が遠いし、言語の壁があるからです。 アメリカという遠い距離の場所の管理は現実的に時差も考えても ほぼ不可能です。 そこで登場するの …

ダラス物件で注意しなくてはいけないのは「ヘイル」です

ダラスのヘイルシーズンがスタートしました。ヘイルとは、いわゆる雹ヒョウのことです。 2017年の3月はダラスで約10年ぶりというゴルフボールサイズの雹が降りました。 まず兆候としては寒い時期から暖かく …