アメリカ不動産について

住友林業はじめ日本企業続々ダラスで活躍中!

投稿日:

新築住宅物件で最も多く建設した地域ランキングにおいて、
ダラスが堂々1位に選ばれました。

昨年ダラスに建設された新築の住宅アパートは、28000軒にのぼりました。
ヒューストンは3位、オースティンは9位とテキサス勢が上位をしめました。

ダラスに戻る度に驚くのは、新築物件の数の多さです。特に北ダラスフリーウェイ
から見える開発中のクレーンの数は圧巻です。

トヨタから北に車で30分ほどいったところにある新興エリアの「プロスパー」
では、新築のラッシュが続いています。数ヶ月前にはまっさらな土地だった
場所に、ある日1000件の家が建ちはじめるという驚きの事態になっています。

このダラス新築ラッシュの中で、日系企業の活躍があります。
住友林業は2013年より、安定的な雇用環境を背景に高い人口増加率が
続いているテキサス州大手米国企業のGehanもBloomfieldの株の持分取得を
発表しています。

両者ともマッキーニー、フリスコを中心に拡大している新築開発会社です、
不動産の購入の観点から見て、注意する点は品質の信頼性です。新しいからこそ、
安定した建築構造で建てたのかどうかよく
注意しなくてはいけません、

フルワランティ(購入後の期間限定保証)がついてきますが、実際に
クレームしてもきちんと対応してくれるのかの実績が重要です。
そういう意味で日系企業の米国ビルダービジネスへの進出はアフター
フローなど品質工場に大いに期待したいところです。

-アメリカ不動産について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プレイノに新たなレストランエリア「レガシーホール」登場!

さらなる進化を続けるプレイノにまた30(食事20、その他バーなど10)のレストランが 用意されたレガシーホールがいよいよ待望のオープンを果たしました。 20回も別のレストランをひとつの場所で味わえるす …

最大の不動産投資利益のキモはxxxにあり。

不動産投資の難しい側面をいえば、管理の難しさにあります。 なぜなら距離が遠いし、言語の壁があるからです。 アメリカという遠い距離の場所の管理は現実的に時差も考えても ほぼ不可能です。 そこで登場するの …

ダラスは本当に人が良いと思った体験話

ダラスに来て、いつも思うのはレストランのひとの良さです。 カリフォルニアにていたときに、父がマクドナルドの注文に戸惑っていたら、 「ネクスト!(もたもたしてんだったら、次のやつと変われ!)」 と怒鳴ら …

ウォルマートの北ダラスでの拡大で生まれる競争

ウォルマートは277ミリオンドルを導入して今年中にダラスに45店舗もの お店をオープンすることを発表しました。ウォルマートと言えばどちらか というと日曜雑貨、生活用品のお店という印象ですよね、ところが …

仕事はプレイノ、家はフリスコ、マッキーニーの理由

転職先の候補地と注目のプレイノについてなぜ北ダラスに住んだ方が 良いのかをまとめたレポートが発表されました。Livability調査 レポートの報告です。 まずはなんといっても、レストランの充実ぶりで …