アメリカ不動産について

ダラス物件で注意しなくてはいけないのは「ヘイル」です

投稿日:

ダラスのヘイルシーズンがスタートしました。ヘイルとは、いわゆる雹ヒョウのことです。
2017年の3月はダラスで約10年ぶりというゴルフボールサイズの雹が降りました。

まず兆候としては寒い時期から暖かくなる季節にやってきます、雨や嵐となり、
やがて雹へと変化していきます、わたしは当時マッキーニーに住んでいましたが、
2007年に作られた街でいままで経験したこともないとご近所さんは口々に
お話をしていました。

また3月になりましたので今年もやってくるのか?この時期はひやひやします、
車もボコボコにされてしまったので、まず気をつけなくてはいけないのは、
必ず車をガレージに入れることです、

そして家に関しては保険がきちんとカバーされているかダブルチェック
をお勧めします、とくに重要なのはディダクタブルという項目です。
一言で説明しますと、自分が支払い義務がある部分です。

ディダクタブルは%で決める場合と、固定で決めるパターンがある
ようです、わたしの場合は1%に設定しました、これは保険をかける
家の保険額の%になります、

もし家の保健額が20万ドルなら、1%は2000ドルとなります。
屋根の総交換は非常に高いので早めの対応をおすすめします。
特に家の契約中の方はさらなる注意が必要です、
もしエスクロー中にヘイルが発生したら、
完了前にセラーさんの保険を使ってファイルしないと、いけないので
くれぐれもお気をつけください。

-アメリカ不動産について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新しい高級ショッピングモール「レガシーウエスト」登場!

トヨタ本社が建設されているすぐ近くに大型のショッピングセンターが設立されました。 その名も「レガシーウエスト」 whole food、スプリンクルズなど高級店がずらりと並びます。 その注目度から複数の …

なぜアメリカ不動産は中古でも上昇するのか?

アメリカ不動産の購入の特典として、日本人特別税法というものがあるのを 知ってますか? 木造建築22年ものを購入すると、建物比率に対して初年度から4年に圧縮して 減価償却を取ることが可能です。 「おお、 …

経済的自由を得た人たち

さて、ここまで簡単ではありますが、 何人かお客様の例をご紹介します、 お客様 R様、 カリフォルニアに25万で1寝室、35万ドルで2寝室、27万ドルで4寝室の 住宅を購入、現在、 2500万円 > 3 …

素敵な海より、素敵な家をダラスで実現

先日DFW空港で驚いたのは、ダラスからロス出張へ行く人が急激に増えていること。 これは一体どういう現象でしょうか。 それだけダラスへカリフォルニアから移住をしていて、 そこからビジネスを継続しているの …

テキサス新幹線に、強力ライバル出現、その名は?