アメリカ不動産について

ウォルマートの北ダラスでの拡大で生まれる競争

投稿日:2018年4月12日 更新日:

ウォルマートは277ミリオンドルを導入して今年中にダラスに45店舗もの
お店をオープンすることを発表しました。ウォルマートと言えばどちらか
というと日曜雑貨、生活用品のお店という印象ですよね、ところがダラスに
あるウォルマートはちょっと様子が違います、

どちらかというとスーパーが50%、生活用品が50%という印象が強く残ります。
またスーパーのみ経営している店舗もあるほど食品に力を入れています。

ウォルマートの最大のライバルはターゲットだと思います。よって対抗
している感が強いですね。同じウォルマート系列の会員制の店舗サムズ
クラブのほうは続々と店舗を閉鎖しているようです。
こちらは同じ会員制のコストコに敗北というところでしょうか、今年だけでも63店舗も
閉めるそうです。

またオースティンにいったことがあるからは馴染みがあると思い
ますが、HEBというお店はご存知でしょうか???
オースティンではウォルマートより人気のあるお店です。ダラスではまったく
見かけないですよね、一番の理由はウォルマートがダラスに強いということだと思われます、

北ダラスには他にも地元に人気のマーケットストリートという大型スーパーがあります。
こちらのライバルは同じ地元のスーパーの「クロガー」というスーパーですが、個人的にはマーケットストリート
は店舗が少ないですが、サービスが素晴らしいと思います。

なんとすべての店員さんが車まで荷物をもっていってくれるのです、しかも
チップは受け取りません。なんか恐縮するので断ったことがありますが、
逆に断られてしまいました。

なんでも店長さんから、荷物を運ばないと怒られるのだそうです。より良いサービス
を提供して、強敵ウォルマートスーパーに対抗しようとしているのだと思います。
ダラスにスーパー壮絶な競争がはじまっているのかもしれません。

-アメリカ不動産について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダラスは本当に人が良いと思った体験話

ダラスに来て、いつも思うのはレストランのひとの良さです。 カリフォルニアにていたときに、父がマクドナルドの注文に戸惑っていたら、 「ネクスト!(もたもたしてんだったら、次のやつと変われ!)」 と怒鳴ら …

アメリカの新しい時代の日本人街「プレイノ」

アメリカに出来た新しい時代の日本人街としてプレイノが日本のニュースで 取り上げられました。 日本語が通じるヘアサロン、日本の大手スーパーチェーン、本場日本人のシェフの 居酒屋、お寿司やさんなど、日本ブ …

アメリカ人の平均生涯引っ越しの回数は7回です!

アメリカ人の平均の人生での引越し回数はおよそ7回と言われています。 独身で、1ベッド、夫婦になると2ベッド、子供がひとりできて、3ベッド、2人できると4ベッド、 1人が卒業したら、3ベッド、もうひとり …

素敵な海より、素敵な家をダラスで実現

先日DFW空港で驚いたのは、ダラスからロス出張へ行く人が急激に増えていること。 これは一体どういう現象でしょうか。 それだけダラスへカリフォルニアから移住をしていて、 そこからビジネスを継続しているの …

アメリカ不動産について

  アメリカ不動産と言ってもあまり馴染みがない人が多いですよね。でも、実はとても不思議で、驚くほどの魔法の魅力ある投資なのです。まずはわたしとアメリカ不動産との出会いについてお話しします。 …