アメリカ不動産について

夢のシリコンバレーへ、成功の秘訣を探る旅

投稿日:

そんな彼女から不動産投資の初心者本ということで、ロバートキヨサキ全集を紹介してもらい、わたしはそれを毎晩勉強するようになりました。これまで「ものづくりこそがお金をかせぐ秘訣」と思い、シリコンバレーへと夢を追っていて自分には衝撃な内容でした。

当時は半信半疑でこの本を読み始めていたのを覚えています。お金について考えをはじめて数年たったころ、わたしの生活は一向に変化せず、働いても、働いてもなかなかお金は貯まらない日々でした。そんな中、一方でわたしの転職は成功してゆき、とうとう夢のシリコンバレーまで転職先が辿りついて給与も倍になりました。しかし転職して給与は増えても支出も増える一方で一向にお金はたまりません。

一体なぜでしょうか?そこでシリコンバレーという世界有数のお金持ちが集まる場所なのだからと思い、お金持ちにインタビューをすることにしました。そのときに2人のキーパーソンに出会いました。ひとりはわたしの友人で豪邸に住んでいている成功者でした。彼にわたしの現状を説明したところ、急に泣き出したのです。

その涙の訳は一体なんだったのでしょうか?それはまた次回にお話します!

-アメリカ不動産について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダラス投資の最大のリスクとは?

ダラスの魅力のひとつとして充実かつ柔軟な公共料金システムにあります。ガソリンはカリフォルニアの三分の一、電気代も自分で自由に料金が安いところを選べます。インフラの充実というのも不動産投資では見逃しては …

アメリカ不動産から日本人が得られる「3つの利益」

クライアントのアドバイス「ショートカットをせよ」を実践するために、早速、身内に 自分の考えを打診してみました、 すると、乗ってきたのは義理の母と両親でした。 考えてみたらこれはある意味 最高のチームで …

アメリカの新しい時代の日本人街「プレイノ」

アメリカに出来た新しい時代の日本人街としてプレイノが日本のニュースで 取り上げられました。 日本語が通じるヘアサロン、日本の大手スーパーチェーン、本場日本人のシェフの 居酒屋、お寿司やさんなど、日本ブ …

アップル第二本社候補地にダラスが入りました。

アマゾンに続いて、アップルコンピュータがダラスを第二本社の候補として 選んでいることがわかりました。 なぜダラスがここまで注目されるのかというご質問を多く受けておりますので、 改めてまとめたいともいま …

アメリカ人の平均生涯引っ越しの回数は7回です!

アメリカ人の平均の人生での引越し回数はおよそ7回と言われています。 独身で、1ベッド、夫婦になると2ベッド、子供がひとりできて、3ベッド、2人できると4ベッド、 1人が卒業したら、3ベッド、もうひとり …