アメリカ不動産について

大切なきづきとは?

投稿日:

なぜ友人の彼はわたしの話を聞いて泣いてしまったのでしょうか?

それはわたしが会社の奴隷としていかに誠実に働いているかをみて気の毒すぎての涙だというのです。
わたしは馬鹿にされたと思い、なんだか嫌な気持ちがしたものです。

しかしそれからしばらくして彼の言うとおり自分はただ単に会社の奴隷だと気付いく事件が起きました。
それは息子の書いた絵をみたときのことです。

ある時、壁にかかる彼の絵をみて、衝撃を受けたのです。
それは家族4人の絵でした。一番大きい顔が妻、次に娘、そして最後に小さい顔のわたしがいました。
これは存在感の薄さを表す絵なのだとそこときに気づいて悲しくなったものです。

シリコンバレーでは、夜中に会議に呼ばれるなんていうこともあるほど世界一の激務が当たり前の場所です。
わたしは仕事ばかりしていてお金の余裕もなく、精神的な、物理的な余裕もなくなっていたのです。
わたしはなんのために仕事をしてるのか見失うようになってきました。

仕事ってなんでしょうか?自分の家族のために働いているのに、家族のためになんてちっとも
なってません、こんな生活はもう嫌だと思いました。

そんなときに出会ったのが「アメリカ不動産投資」です。

続いて、助言をしてくれたのは、当時のお客様で同じく億の家に住む女性でした。
その方は給与もわたしの三倍稼いでいるので、きっとよい答えをくれるだろうと思ってました。
彼女の答えは非常にシンプルでした。

「自分のあらゆるソースを活用して、ショートカットをしなさい」

これまた衝撃の一言でした。わたしはこれまで自分に足りないものばかり追っていたのですが、逆だというのです。
今すぐできる自分の財産を探れというのです。まさか自分の中にすでにあるなんて考えてみたことはないのですが、
この言葉をきっかけに思い出すと、いろいろとあることに気づいたのです。

もちろんそれは身内を頼ることでした。確かに一番信頼性も高いはずです。
いままでは、自分にできないことばかり望んでいましたが、できることや、いますぐ
手助けしてくれる重要なソースを改めて大切にしたことはありませんでした。

あなたは自分のまわりの大切なソースを十分に活用してますか?
もし、なにかきづきがあればぜひシェアしてください。

-アメリカ不動産について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夢のシリコンバレーへ、成功の秘訣を探る旅

そんな彼女から不動産投資の初心者本ということで、ロバートキヨサキ全集を紹介してもらい、わたしはそれを毎晩勉強するようになりました。これまで「ものづくりこそがお金をかせぐ秘訣」と思い、シリコンバレーへと …

合言葉は、アーユーフロム「トヨタ?」

ダラスに来て毎日聞かれる質問があります、それは「アーユーフロム・トヨタ」という言葉です。それだけダラスに来ている日本人に注目が集まっています。ダラスで活躍する日本人として最も有名なのは誰もがご存知ダル …

テキサス新幹線に、強力ライバル出現、その名は?

新しい高級ショッピングモール「レガシーウエスト」登場!

トヨタ本社が建設されているすぐ近くに大型のショッピングセンターが設立されました。 その名も「レガシーウエスト」 whole food、スプリンクルズなど高級店がずらりと並びます。 その注目度から複数の …

住友林業はじめ日本企業続々ダラスで活躍中!

新築住宅物件で最も多く建設した地域ランキングにおいて、 ダラスが堂々1位に選ばれました。 昨年ダラスに建設された新築の住宅アパートは、28000軒にのぼりました。 ヒューストンは3位、オースティンは9 …